ビールとワインの日々

700円以下のワインと国産大手メーカーのビールを楽しむブログです。

キリン 一番搾り 匠の冴(さえ)

      2019/05/17

キリンビールとセブン&アイが共同開発した一番搾り

「一番搾り 匠の冴(さえ)」は、キリンビール独自の“一番搾り製法”により、純度の高い麦のうまみを引き出しな一番搾り麦汁を氷点下熟成製法して余計な雑味を抑えた味わいになっています。

ピルスナーの場合、大体零度で熟成させるのですが、氷点下だと余分な雑味が凝固して取り除かれるのでスッキリした味になるんですね。

それでなくても一番搾り麦汁を使用して雑味を抑えているので、かなりのこだわりようですね。

飲んだ感想は、ウーム、インパクトがない。
これは濃い味系が好きな私の感想なので、薄味好きの方には好評かも。
スーパードライが好きって方は一度試してみてください。

 - キリン